DOFI

脳機能イメージング研究部

脳機能イメージング研究部

ENGLISH

SITE MAP

研究部メンバー
HOME > 研究部メンバー
脳機能イメージング研究部脳機能イメージング研究部 脳とこころの研究グループ脳とこころの研究グループ
脳疾患トランスレーショナル研究グループ脳疾患トランスレーショナル研究グループ 脳疾患モデル開発グループ脳疾患モデル開発グループ
システム神経回路研究グループシステム神経回路研究グループ

脳機能イメージング研究部Department Functional Brain Imaging

部長 樋口 真人
部長 樋口 真人
Member
樋口 真人 [部長]
堀口 隆司 [主任研究員]

プロフィール

Research administration & managementを担当しています。製薬会社で創薬標的同定、薬効薬理、トランスレーショナルメディシン各研究に従事後、2014年に量研に移籍しました。量子イメージング創薬アライアンス、共同研究等ご相談があれば何時でもご連絡ください。
市瀬 正則 [客員研究員]
高橋 英彦 [客員研究員]
岩沢 優子 [技術員]
高木 友子 [秘書]
布施 薫子 [秘書]
中村 諒子 [秘書]
佐藤 万里子 [秘書]
 

脳とこころの研究グループBrain and Mind Research Group

脳機能および精神・神経疾患の病態と治療評価に関する臨床研究
グループリーダー 山田真希子
グループリーダー 山田 真希子
Member
山田 真希子 [グループリーダー]

研究内容

分子イメージングを用いた精神神経疾患の妄想知覚と自己意識の認知神経メカニズムに関する研究を行っています。
下條 信輔 [客員研究員]
金井 良太 [客員研究員]
田中 成典 [客員研究員]
田口 茂 [客員研究員]
伊里 綾子 [客員研究員]

研究内容

伊里 綾子 [客員研究員]うつ病などの精神疾患の原因や,その治療のための糸口を,心理学や認知神経科学の観点から明らかにしたいと思っています。
西村 春輝 [客員研究員]

研究内容

西村 春輝 [客員研究員]抑うつ気分やストレスが維持される因子について、認知神経科学の方法論を用いて研究をしています。

Researchmap
松吉 大輔 [研究員(併任)]

研究内容

松吉 大輔 [研究員]マルチモーダルMRI (fMRI,sMRI,dMRI,qMRI) と行動実験を組み合わせて、視覚カテゴリ・アイデンティティ認知のメカニズムを探る研究を行っています。
平尾 貴大 [研究員]
玉木 賢太郎 [博士研究員]
宮前 光宏 [博士研究員]

業務内容

公認心理師・臨床心理士で、臨床心理学を専門としています。 認知神経科学的手法を用いて、精神疾患の作用機序解明に迫る研究を進めていきたいと考えています。
researchmap
相澤 裕紀 [技術員]

業務内容

相澤 裕紀 [技術員] 認知心理学的実験の補助を中心に,研究全般の技術的支援を行なっています。
オモレゲ 尚子 [技術員]
関本 幸枝 [アシスタント]
WANG YARU [アシスタント]
 

脳疾患トランスレーショナル研究グループBrain Disorder Translation Reserch Group

精神・神経疾患発症の分子メカニズムに関する基礎研究
グループリーダー 樋口 真人
グループリーダー 樋口 真人
主幹研究員 高堂 裕平
主幹研究員 高堂 裕平
Member
樋口 真人 [グループリーダー]

研究内容

アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患や精神疾患のモデル動物を利用して、分子イメージングの基礎研究を進めています。
高堂 裕平 [主幹研究員]

研究内容

主幹研究員 高堂 裕平 マウスからヒトまでを対象に、PETやMRS等の脳機能・代謝イメージング技術を用いてトランスレーショナル研究をしています。 脳疾患の病態解明、診断薬および治療薬の開発を実現したいと考えています。

Resarchgate
田桑 弘之 [主幹研究員(併任)]

研究内容

二光子顕微鏡などの生体光イメージング技術を駆使して、生きた認知症モデル動物の脳内から細胞1つ1つの疾患レベルをミクロン単位の視点で評価することで、PETを中心とした疾患研究の生物学的基盤情報を得るための研究を行っています。これにより認知症における神経・グリア・血管などの各細胞の疾患による影響とその原因を明らかにし、診断法の高度化、新規治療法の評価および開発に貢献したいと考えます。
徳田 隆彦 [医長]

研究内容

医長 徳田 隆彦 認知症性疾患や神経変性疾患など疾患の体液バイオマーカーの開発研究を行っています。私達の研究は、臨床症状だけでは正確な診断や重症度の評価が難しいこれらの疾患を、体液(脳脊髄液あるいは血液)中に存在する疾患特異的な関連分子を定量することで、客観的かつ簡便に診断・評価を行えるようにするための研究です。




島田 斉 [客員研究員]

研究内容

客員研究員 島田 斉神経変性疾患の認知機能障害に関して、形態情報(MRI)と機能情報(PET)の両側面から、診断的・病態解析的研究を行っています。臨床現場に還元出来るような研究が出来ればと考えています。

Facebook
Resarchgate
木村 泰之 [客員研究員]
北村 聡一郎 [客員研究員]
森口 翔 [客員研究員]
関 千江 [研究員]

研究内容

脳活動や神経機能、異常蛋白集積の非侵襲的な評価のために、PETリガンドの脳内動態から脳血流や結合能を定量的に評価する方法を研究しています。
高畑 圭輔 [研究員]

研究内容

精神神経疾患の病態解明に向けたPETによる臨床研究を行っています。PET、MRI、行動課題を組み合わせることにより、分子レベルの病態がどのように実際の症候に寄与するのかを解明することが目標です。
建部 陽嗣 [研究員]

研究内容

超高感度ELISAシステムを用いて、体液中に存在する疾患特異的な微量タンパク質を測定しています。これによって、精神・神経疾患を血液検査で早期に発見することを目標としています。
小久保 奈緒美 [研究員]

研究内容

神経変性疾患や精神疾患の認知機能について、神経心理学的手法を用いて研究を行っています。研究成果を病気の診断と治療、人々が健康で安心して暮らせる社会づくりに役立てることが目標です。
互 健二 [研究員]

研究内容

認知症を含む神経変性疾患を対象としたPETによる臨床研究を行っており、これらの知見をもとに老年期精神疾患の病態を解明することを目標としています。
researchmap
張 弘 [研究員]
Oiendrila B. Debnath [研究員]

研究内容

Debnath I'm working on translational research using MRS, PET Images by analyzing kinetic analysis of tau pathology in brain for Alzheimer's disease patients.
I am also working on Ultrasound neuromodulation for peripheral and central nervous system stimulation by conducting experiments on mice and numerical simulation.


Researchgate
LinkedIn
松岡 究 [博士研究員]

研究内容

認知症に伴う精神症状や、精神疾患の病態解明について、PETやMRIなどの複数の神経画像検査を組み合わせた検討を行っております。
researchmap
遠藤 浩信 [博士研究員]

研究内容

神経変性疾患の生前病態に基づいた画像診断技術の開発に興味を持ち、MRIやPETなどを用いて病態評価について研究をしています。新規治療法開発の基盤となる画像診断技術の確立を目指しています。
漆畑 拓弥 [博士研究員]
松下 有美 [博士研究員]
高橋 真奈美 [技術員(併任)]
内田 翔子 [技術員]

業務内容

PET装置やMRI装置のオペレーターを主体に実験補助を担当しております。研究者の皆様のお役に立てますよう日々、安全を意識しながら技術向上に努めたいと考えております。
松浦 沙世 [技術員]
小山 麻果 [技術員]
折原 あすみ [リサーチアシスタント]
ソォーンヒル 晴美 [アシスタント]
岩永 暢子 [アシスタント]
諸越 理恵 [アシスタント]
 

脳疾患モデル開発グループBrain Disease Modeling Group

精神・神経疾患モデルを活用した病態および治療法開発研究
グループリーダー 佐原 成彦
グループリーダー 佐原 成彦
Member
佐原 成彦 [グループリーダー; 上席研究員]

研究内容

研究テーマ: 神経変性疾患における治療評価系の開発と生体脳マルチモーダルイメージング技術を用いたタウ毒性発症機序の解明
新学術領域(研究領域提案型)「脳タンパク質老化と認知症制御」A03-2班、計画研究代表
下條 雅文 [主任研究員]
季 斌 [客員研究員]

研究内容

Alzheimer病をはじめ、種々な神経変性疾患の発症・進行および治療効果のモニタリングに役立つ可能性のあるあらゆるバイオマーカを探索し、これらのバイオマーカのイメージングにより、創薬や新規治療法の開発に微力を献げたいと思っています。
小野 麻衣子 [研究員]

研究内容

さまざまな神経変性疾患における異常タンパク質の蓄積を可視化するトレーサーの開発・評価を行っています。神経変性疾患の早期診断法確立につながる研究ができればと考えています。
ZHOU Xiaoyun [研究員]
矢内 凛 [博士研究員]
南久松 丈晴 [技術員]

業務内容

実験動物の飼育管理と実験補助を担当し、研究者の皆様が安心して動物実験が行えるよう、日々業務に努めております
大澤 加奈 [技術員]

業務内容

研究者の皆様が安全かつ信頼して動物実験が行えるよう、 実験動物の飼育管理を行っております。
佐々木 沙由里 [技術員]
林 清華 [技術員]
石川 梓 [アシスタント]
清水 敬紘 [アシスタント]
久野 美帆 [アシスタント]
 

システム神経回路研究グループNeural Systems and Circuits Research Group

脳機能局在の分子メカニズムに関する基礎研究
グループリーダー 南本 敬史
グループリーダー 南本 敬史
主幹研究員 平林 敏行
主幹研究員 平林 敏行
Member
南本 敬史 [グループリーダー; 上席研究員]

研究内容

精神神経疾患を「情」の障害からアプローチし、特にモチベーションをコントロールする神経機構について機能画像と電気生理を組み合わせ研究しています
平林 敏行 [主幹研究員]

研究内容

機能イメージングと遺伝学的手法、及び電気生理学を組み合わせて、霊長類モデルにおける認知記憶の神経回路機構について研究しています。
宮川 尚久 [主任研究員]

研究内容

宮川 尚久 [主任研究員]精神神経疾患の症状のうち、「情動」や「認知」の障害に関する神経基盤を、電気生理学的手法と化学遺伝学的手法を用いて研究しています。

Researchmap
永井 裕司 [研究員]

研究内容

永井 裕司 [研究員] 化学遺伝的手法(DREADD)の霊長類モデルへの応用を機能的イメージング(PET/MRI等)で促進させ、精神・神経疾患の病態解明につなげたいと考えています。

Researchgate
Researchmap
堀 由紀子 [研究員]

研究内容

精神神経疾患を「情」の障害からアプローチし、特にモチベーションをコントロールする神経機構について電気生理と精神薬理学的な手法を組み合わせて研究しています。
三村 喬生 [研究員]

研究内容

マーモセットの行動評価と神経科学に基づいて、社会性ダイナミクスの可視化・ 理解に取り組んでいます。
小山 佳 [研究員]
堀 祐樹 [研究員]

研究内容

マカクサルやマーモセットのような非ヒト霊長類動物とヒトとの脳機能の相同性についての研究に従事しています。 またそれらを明らかにするためのMRI技術の確立も行なっております
岡内 隆 [技術員]
國府田 知美 [アシスタント]
山下 奏音 [アシスタント]
 
page top
Department of Functional Brain Imaging,
National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology