放射線科学

2010 年 4 月号 放射線科学目次

項目著者
特集 NIRS Inaugurated as IAEA Collaborating Centre -Its Presence and Function-
放医研、国際原子力機関(IAEA)協働センターに―その意義と取り組み
1
1) NIRS Designated as IAEA Collaborating Centre
  IAEA協働センターの指定を受けて
米倉 義晴4
2) IAEA Collaborating Centre Scheme
  IAEA協働センター構想
渡邉 直行6
3-1) Biological Effect and Mechanism of Low Dose Radiation
  低線量放射線の影響とそのメカニズム
酒井 一夫10
3)Research Development of Next Four Years in Three Collaboration Areas
  協働3分野における今後4年間の研究展開
10
3-2) IAEA Collaborating Centre-Plan( Radiotherapy)
  IAEA 協働センター計画(重粒子線治療)
鎌田 正、今井 礼子14
3-3)IAEA-CC Activity and Research at Molecular Imaging Center
  分子イメージングにおける研究展開とIAEA-CC活動
藤林 靖久18
4)Expectation to NIRS
  放射線医学研究所への期待
22
4-1) Expectations for the Reinforcement of Collaboration with the IAEA
  がん対策を優先課題とするIAEAとの連携強化に期待する
中根 猛22
4-2)Welcoming NIRS to Join IAEA Collaborating Centre Network
  IAEA協働センターネットワークに放医研を迎えて
ウェルナー・ブルカルト25
4-3)Honoured to Invite NIRS to Establish a New Partnership with IAEA
  IAEAと放医研の新たな連携体制構築に向けて
レシー・チェム30
4-4)Expectation to NIRS in Peaceful Use of Nuclear and Radiation
  原子力と放射線の平和利用における放医研への期待
松浦 祥次郎34
編集後記39

バックナンバー


  • 教材資料アニメーション
  • 原発事故関連
  • 受賞・表彰一覧
  • 患者さん・研究に参加された方へ

ページの先頭へ戻る