MENU

Facebook

〜放射線防護を実践的に学ぶ〜“防護導入課程” 無料研修

〜放射線防護を実践的に学ぶ〜“防護導入課程”

  • シラバス
  • 時間表

コースディレクターから一言

放射線には興味があるけれど、難しそう…そんな方の「はじめの一歩」を踏み出すお手伝いをいたします。放射線を学んでみたい方向けの、放射線の世界をとことん楽しむ実習を主体としたコースです。

お申し込みはこちら詳細案内はこちら

■募集内容

●目的

放射線に対する適切な防護と放射線から得られる利益を考え、科学的・客観的に原子力規制、安全面を判断し、実践することができる若い人材の育成を目的としています。

●対象

放射線を学びたい大学生、高等専門学校4〜5年生等(社会人も応募可)

●募集定員

24名
定員以上のお申込みがあった場合、選考により受講者を決定いたします。
(受講者の選考は学生の方が優先となります。)

●開催日程

2020年2月9日(日)~2020年2月11日(火・祝)

●募集締切

今年度の研修生募集は終了しました。

●実施場所

放射線医学総合研究所(千葉県千葉市稲毛区穴川 4-9-1)
東京駅-稲毛駅(35分・総武線快速利用) 稲毛駅東口より徒歩15分
交通のご案内はこちら

●参加料

無料

学生は交通費、宿泊費、実費支給いたします。※放医研旅費規程に基づきます。

●特徴

  1. 1)様々な分野の専門家が講義を担当
  2. 2)実習、演習に重点をおいた体験型研修
  3. 3)放射線管理区域内で放射線源を用いた実習
  4. 4)“防護導入課程”の受講後は本格的な学びとして “防護一般課程”または“防護一般・短期課程”(基礎編)や“防護健康影響課程”または“防護健康影響・短期課程(応用編)の受講が可能(モデル:下図)

特徴

●その他

  1. 1)開催日の2〜3か月前より申し込み可能となります。
    また、本研修は原子力規制庁原子力人材育成等推進事業費補助金事業のため、交通費と宿泊費を当機構の旅費規程に基づき実費を支給いたします。
  2. 2)若手社会人も参加可能です。(ただし、社会人については交通費、宿泊費は支給いたしません。)
  3. 3)全ての講義と研修は日本語で行います。全てのテキストは日本語で書かれています。スタッフによる翻訳のサポートはありません。
    All lectures and exercises will be held in Japanese. All the texts are written in Japanese.There are not any supports to translate languages by the staff members.
  4.  
  5. 4)申請手続き上、開催の公式な確定は12月中旬を予定しています。

お申し込みはこちら詳細案内はこちら