平成29年度 放医研 一般公開攻略マニュアル

一般公開へ参加するにはどうしたらいいの?

  1. 参加について
    一般公開への参加費用は無料です。なお、小学3年生以下のお子様は保護者の方と一緒にお越しください。

  2. 事前申し込みについて
    事前のお申し込みは基本的に必要ありませんが、団体(20名以上)でいらっしゃる場合は、事前にお電話もしくはメールにて一般公開事務局までお申し込みいただくと受付がスムーズになります。
    ※放医研トークへの参加希望の方は事前申し込みが必要となります。(各回 定員20名)
      こちらのページよりお申し込みください。

    【連絡先】放医研一般公開事務局 TEL:043-206-3193 / E-mail: h29koukai@qst.go.jp

当日はどうしたらいいの?

  1. 最初に受付へ
    放医研一般公開に来られた方は、最初に受付にお立ち寄りください。受付場所(3カ所どこでも受付ができます)
    受付で氏名等を台帳に記帳いただいたあと、「ガイドマップ」、「アンケート」、「放射線管理区域入場証」を
    お受け取りください。
    当日ご見学いただく施設の一部には、法令で定められた「放射線管理区域」があります。
    「放射線管理区域」では、放射線を発生させる装置などを安全に利用するために立ち入りを管理しているため、
    入場の際は「放射線管理区域入場証」が必要です。
    台帳へ記載いただく情報は、正当な理由なく第三者へ開示、譲渡及び貸与することはありません。

    ※施設によっては、靴の上から「オーバーシューズ」というビニールを履いていただいての見学となりますので、ハイヒールやサンダル等の歩きにくい履物でのご来場はおすすめしません。

  2. いよいよ施設見学へ
    どの施設から見学いただいてもお楽しみいただけます。当日お渡しするガイドマップに施設の分類や展示の概略等の記載がありますので、ご興味のある施設から見学ください。
    公開施設は以下の通りです。
    • 研修棟1F "君のまわりにいる!見えない放射線を見てみよう!"
      *放射線が見える不思議な箱を作ります(対象:小学生以上)。
       各回30分 定員8名 / 実施時間:9時45分~16時30分(10回程度開催予定)
      *身の回りの放射線についてのミニ授業を実施します(対象:小中学生向け)。
       各回30分 定員25名 / 開催時間: ①10時00分、 ②11時30分、 ③13時30分、 ④15時00分
      ※整理券が必要です(それぞれ研修棟1階実施会場の受付で配布します)。
    • 研修棟2F "探検!体験!発見! 先端医療研究"
      *「新しいガン治療」「iPS細胞を作る再生医療」「放射線から体を守る技術」を開発する
       研究の世界を探検しよう。
      *生命のきほん、DNAを知ろう!DNA二重らせん構造が分かる模型作り体験、DNAの暗号解読に挑戦!
      *実験ってどうやるの?研究者になってみよう!
    • 研修棟3F "放医研トークイベント"
      ☆10:00~10:45 生命誕生の瞬間とオートファジー
      ☆12:00~12:45 宇宙からシャワーが降ってくる?! "宇宙線のお話"
      ☆14:00~14:45 放射線はどんな事をするの?
    • 講堂 "くらしの中の放射線"
      【パネル展示】
       *生活と放射線
       *放射線の子どもへの影響
       *東京電力福島第一原子力発電所事故による環境影響
       *放射線影響研究を支える実験動物関連技術
      【体験】
       *からだの臓器パズル
       *バーチャルスライドによるがん観察
       *顕微鏡でのメダカの卵観察
       *子ども向けの単位カードの配布
      【小・中学生と保護者向けのミニ実験】
       *野菜や果物などの抗酸化のチカラを調べてみよう!!
        各回30分 定員8組16名 / ①11時00分、②14時00分
        9:30から講堂入口受付にて整理券を配布します。
      【放射線に関するクイズラリーに挑戦してみよう!!】
       *講堂入口前にて随時受付。先着 800名。正解した方には景品進呈
    • 静電加速器棟 "静電加速器棟(PASTA & SPICE)見学"
      *PIXE分析 ~元素のフシギを明らかに~
      *マイクロビーム細胞照射 ~低線量放射線影響研究の最前線~
    • 緊急被ばく医療施設 "緊急被ばく医療活動の紹介"
      *緊急被ばく医療における高度被ばく医療支援センターとして、診断・測定・除染・治療などを
       行う施設を公開します。
      *ホールボディーカウンター体験やスクリーニング体験、内部被ばくの基礎講座を開催します。
      *国内外の放射線被ばく汚染事故の現場で、初期治療を支援する専門家チームに関して
       展示説明を行います。
      *東京電力福島第一原子力発電所事故における緊急被ばく医療活動のドキュメント映像の
       上映を計画しています。
    • 緊急被ばく医療施設玄関ロビー "放射線を管理する??"
      放射線を安全に取り扱うための管理は、どうやっているの?
      目に見えない放射線は、どうやって測定しているの?
      放射線管理に必要な測定器等を実際に触れながら解説します!!
    • 分子イメージング棟・画像診断棟 "PETって何だろう?"
      がんの診断だけでなく脳研究にも使われているPET画像診断。どのような画が撮れるのでしょうか?
      PET装置や画像の実例、研究中の未来のPET装置を見て、医療の可能性について感じてください!
    • 探索研究棟 "磁石とナノの不思議な世界"
      強い磁石を使って体の中を画像にする技術が「MRI」です。
      磁石が作る「磁場」では、鉄が引かれるだけでなく、とても不思議なことが起きます。
      また、「ナノ技術」は、小さな小さな粒を設計する技術です。ナノの世界も不思議でいっぱい。
      この展示は、磁石とナノの不思議な世界へご案内します。
    • サイクロトロン棟 "2つのサイクロトロン加速器を公開!!"
      サイクロトロンからのイオンビームで、PET診断薬の元を作ったり、宇宙で使う電子機器の試験を行ったりしています。
      大きなサイクロトロンを見てみてください!
    • 重粒子線棟 "重粒子線がん治療装置(HIMAC)の加速器を公開"
      地下20mの巨大要塞、HIMACの加速器を公開いたします。
    • 新治療研究棟 "HIMACの治療室公開"
      話題の重粒子線がん治療、その治療室をご覧ください。
    • 重粒子治療推進棟 講演会
      ☆11:00~12:00 還暦を迎えた放医研の今後の展望
      ☆13:00~14:00 放射線の生き物への作用 ~知っていてほしいこと・わかってきたこと~
      ☆15:00~16:00 重粒子線がん治療から量子メスへ

  3. 例えばどこを回ったらいいの?
    どこをご覧いただいてもお楽しみいただけますが、おすすめコースをご紹介します。

    (親子でとことん体験型コース)
     研修棟でミニ授業、放医研トークイベントに参加(①10:00~、②12:00~、③14:00~)
     → 講堂でミニ実験、クイズラリーに参加
     → 緊急被ばく医療施設及び玄関ロビーを見学。ホールボディーカウンターやスクリーニングを体験

    (がっつり医療コース)
     重粒子線棟、新治療研究棟で最先端がん治療について学ぶ
     → 分子イメージング棟・画像診断棟でPETについて学ぶ
     → 探索研究棟でMRI及びナノ技術について学ぶ
     → 重粒子治療推進棟で「重粒子線がん治療」について講演を聞く(15:00~16:00)

    (大きい機械が見たい!加速器見学コース)
     静電加速器棟を見学
     → サイクロトロン棟を見学
     → 重粒子線棟でHIMACを、新治療研究棟で治療室(回転ガントリー)を見学

    (ざっと全体把握コース)
     研修棟の展示を見学
     → 緊急被ばく医療施設及び玄関ロビーを見学
     → 重粒子線棟を見学
     
  4. お帰りの際は
    お帰りの際は、アンケート回収所にお立ち寄りください。
    アンケートにご回答いただいた方へ粗品をお渡しするほか、スタンプラリーを達成した方への景品交換を行っています。

よくあるご質問

  1. がん医療相談を受けたい
    当日、新治療研究棟1階にて事前受付が必要となります
    44名の定員に達し次第、受付は終了となりますのでご了承ください。
  2. お腹が空いたら
    放医研の食堂・喫茶室(重粒子治療推進棟1階)をご利用いただけます。
    また、フードコート(本部棟前)にて軽食の販売もございます。
  3. 写真やビデオの撮影をしたい
    施設内での写真撮影やビデオ撮影は自由にしていただけます。ただし、講演会内容の撮影・録音等はご遠慮ください。
  4. 車いすのご利用について
    車いすをご利用の方のお越しもお待ちしております。ただし、建物の構造上、見学可能な施設が限られます。
    ご理解の程、お願いいたします。
    見学いただける施設は以下の通りです。
    • 研修棟
    • 緊急被ばく医療施設、緊急被ばく医療施設玄関ロビー(REMAT車両展示も予定)
    • 新治療研究棟
    • 重粒子治療推進棟(講演会会場)

    また、車いすでご利用いただけるお手洗いは、以下の施設にございます。

    • 研修棟
    • 分子イメージング棟
    • 新治療研究棟
    • 重粒子治療推進棟

    ※数に限りはありますが、当日車いすが必要になった方には「総合受付」で貸し出しを行っております。

  5. 補助犬について
    介助犬、盲導犬、聴導犬を同伴される方も、管理区域を除いて見学が可能です。
  6. 喫煙場所について
    場内は禁煙ですが、喫煙場所を設けております。喫煙場所以外での喫煙はご遠慮ください。

アドビシステムズ社のAdobe Reader®ダウンロードページへ

PDF資料をご覧いただくにはAdobe Reader®が必要です。お持ちでない場合は、左側のAdobe Reader®ダウンロードボタンをクリックし、アドビシステムズのWebサイトよりインストールしてください。

  • 量研
  • 教材資料アニメーション
  • 原発事故関連
  • 受賞・表彰一覧
  • 患者さん・研究に参加された方へ

ページの先頭へ戻る