国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構
QST病院(旧 放射線医学総合研究所病院)

OPENCLOSE
  • 日本語
  • English

メール相談について(主治医向け)

QST病院では、主治医の方からの重粒子線治療の適応に悩む症例に関するメール相談を行っております。
以下のメールアドレスより下記の内容を記載の上、お送りください。内容を確認し、受診の可否を確認させていただきます。

患者様本人からの相談に関しては、電話相談または主治医からの紹介という形(セカンドオピニオン含め)でご予約をおとりいただきますようお願いします。

メールの内容について

【送信先】 qstmailconsult=qst.go.jp(=を@に変換ください)
【記載していただきたい内容】
年齢、性別、病名、返信先メールアドレス、臨床的問題点(重粒子線治療を検討している理由)、簡単な経緯

診療情報提供書は不要で、個人情報が問題とならない範囲での情報をお教えいただき(キー画像も添付していただけると助かります)、可能な範囲で適応について確認し受診の可否について検討させていただきます。
その上でご紹介いただけるのであれば通常と同様の新患対応とさせていただきます。また、相談の結果早めに受診が望ましい場合はできるだけ早期の受信予約を調整いたします。
なお状況によって返信に1週間程度かかる場合もありますのでご了承ください。