国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構
QST病院(旧 放射線医学総合研究所病院)

OPENCLOSE
  • 日本語
  • English

QST病院を受診される方へ

新型コロナウイルス感染症が蔓延している状況ではありますが、QST病院では、当院の担う医療上の役割をしっかりと継続していくため、新規の患者様を含めて外来業務を継続しております。その中で、患者様ならびに病院職員の感染リスクの低減のため、受診される患者様には以下のような対応をお願いしています。ご理解の上、ご協力をお願い致します。                    
1)当院への受診に当たっては、病院内への立ち入りをご本人を含めて原則2名までとさせていただきます。3名以上で来院された場合は、ご本人と付添1名の方以外は建物外でお待ちいただくようにお願い致します。                    
                   
2)病院玄関の開錠は8時30分とさせていただいております。開錠時間前に来院された患者様は、開錠までの間、お待ちいただくようお願い致します。                 
  
3)病院内に立ち入られる方はマスクの着用、入り口での手指消毒をお願い致します。                   
 
4)立ち入り時に、同行の方も含め皆さんに検温並びに問診票の記入をお願いしています。一つでも該当する項目がある同行者の立ち入りは禁止とさせていただきます。患者様ご本人が該当する場合は、他の患者様と分離して診察致しますので、来院時、なるべく早く該当項目があることのご申告をお願い致します。
 
5)新治療研究棟にて外来治療の患者様も、一旦病院にお立ち寄りいただき、上記の検温並びに問診票の記入をお願い致します。
                   
また、入院患者様についての外出泊と面会は原則ご遠慮いただいています。                   

ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

                                                                         

令和2年6月19日
国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構                  
QST病院 病院長
辻 比呂志