国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構
QST病院(旧 放射線医学総合研究所病院)

OPENCLOSE
  • 日本語
  • English

放射線品質管理室

放射線品質管理室について

放射線品質管理室では、放射線治療の品質管理保証業務、医学物理業務を実施し医学物理に関する国際対応を行っています。

スタッフ

職員 23名(平成31年2月現在)

保有資格

(平成31年2月現在)
資格人数
医学物理士12名
放射線治療品質管理士3名

主な業務

放射線治療品質管理保証業務

光子線・重粒子線の放射線治療が適切に行われるように、放射線治療の品質管理および品質保証を行っています。これらの業務とともに、品質管理・保証手法に関する研究開発も実施しています。

医学物理業務

重粒子線治療の治療計画を実施し、治療用放射線の線量・線質の測定および評価を行っています。

医学物理に関する国際対応

国際機関(IAEA、ISO、IEC、FNCA等)の医学物理に関する委員会に専門家として参画しています。