DOFI

脳機能イメージング研究部

脳機能イメージング研究部

ENGLISH

SITE MAP

研究部メンバー
HOME > 研究部メンバー

部長Director

脳機能イメージング研究部 部長 須原哲也
 
脳機能イメージング研究部脳機能イメージング研究部 脳とこころの研究チーム脳とこころの研究チーム
脳疾患トランスレーショナル研究チーム脳疾患トランスレーショナル研究チーム 脳疾患モデル開発チーム脳疾患モデル開発チーム
システム神経回路研究チームシステム神経回路研究チーム
 

脳機能イメージング研究部Functional Brain Imaging Research Department

部長 須原 哲也
部長 須原 哲也
Member
須原 哲也 [部長]
堀口 隆司 [主任研究員]
市瀬 正則 [客員研究員]
 

脳とこころの研究チームBrain and Mind Research Team

脳機能および精神・神経疾患の病態と治療評価に関する臨床研究
チームリーダー 山田真希子
チームリーダー 山田 真希子
Member
山田 真希子 [チームリーダー]

研究内容

分子イメージングを用いた精神神経疾患の妄想知覚と自己意識の認知神経メカニズムに関する研究を行っています。
伊藤 岳人 [研究員]

研究内容

精神神経疾患の分子病態を解明し、診断方法の確立・治療法の開発を目的とした研究を行っています。
伊里 綾子 [研究員]

研究内容

うつ病などの精神疾患における認知の特徴と脳機能の関連に興味があります。
 

脳疾患トランスレーショナル研究チームBrain Disorder Translation Reserch Team

精神・神経疾患発症の分子メカニズムに関する基礎研究
チームリーダー 樋口 真人
チームリーダー 樋口 真人
主幹研究員 島田 斉
主幹研究員 島田 斉
Member
樋口 真人 [チームリーダー]

研究内容

アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患や精神疾患のモデル動物を利用して、分子イメージングの基礎研究を進めています。
島田 斉 [主幹研究員]

研究内容

神経変性疾患の認知機能障害に関して、形態情報(MRI)と機能情報(PET)の両側面から、診断的・病態解析的研究を行っています。臨床現場に還元出来るような研究が出来ればと考えています。

Facebook
Resarchgate
前田 純 [主任研究員]

研究内容

小動物PETを用いた精神神経疾患モデル動物のイメージングを行っています。
関 千江 [研究員]

研究内容

脳活動や神経機能、異常蛋白集積の非侵襲的な評価のために、PETリガンドの脳内動態から脳血流や結合能を定量的に評価する方法を研究しています。
高畑 圭輔 [研究員]

研究内容

精神神経疾患の病態解明に向けたPETによる臨床研究を行っています。PET、MRI、行動課題を組み合わせることにより、分子レベルの病態がどのように実際の症候に寄与するのかを解明することが目標です。
高堂 裕平 [研究員]

研究内容

PETおよびMRIといった複数のモダリティによる定量評価手法を用いて、脳疾患克服のためのトランスレーショナルリサーチを志しています。
久保田 学 [博士研究員]
篠遠 仁 [上席研究員]

研究内容

PETを用いて運動障害と認知症の病態および診断研究を行っています。臨床的に役立ち、治療に結びつくような研究を行いたいと思っています。
下條 雅文 [研究員]
田桑 弘之 [研究員]

研究内容

二光子顕微鏡などの生体光イメージング技術を駆使して、生きた認知症モデル動物の脳内から細胞1つ1つの疾患レベルをミクロン単位の視点で評価することで、PETを中心とした疾患研究の生物学的基盤情報を得るための研究を行っています。これにより認知症における神経・グリア・血管などの各細胞の疾患による影響とその原因を明らかにし、診断法の高度化、新規治療法の評価および開発に貢献したいと考えます。
伊藤 岳 [研究員]
高橋 真奈美 [技術員]
 

脳疾患モデル開発チームBrain Disease Modeling Team

精神・神経疾患モデルを活用した病態および治療法開発研究
サブリーダー 佐原 成彦
チームリーダー 佐原 成彦
Member
佐原 成彦 [チームリーダー]

研究内容

研究テーマ: 神経変性疾患における治療評価系の開発と生体脳マルチモーダルイメージング技術を用いたタウ毒性発症機序の解明 新学術領域(研究領域提案型)「脳タンパク質老化と認知症制御」A03-2班、計画研究代表
季 斌 [主任研究員]

研究内容

Alzheimer病をはじめ、種々な神経変性疾患の発症・進行および治療効果のモニタリングに役立つ可能性のあるあらゆるバイオマーカを探索し、これらのバイオマーカのイメージングにより、創薬や新規治療法の開発に微力を献げたいと思っています。
小野 麻衣子 [研究員]

研究内容

さまざまな神経変性疾患における異常タンパク質の蓄積を可視化するトレーサーの開発・評価を行っています。神経変性疾患の早期診断法確立につながる研究ができればと考えています。
木村 妙子 [学振特別研究員]

業務内容

南久松 丈晴 [技術員]

業務内容

実験動物の飼育管理と実験補助を担当し、研究者の皆様が安心して動物実験が行えるよう、日々業務に努めております
佐々木 沙由里 [技術員]

業務内容

実験補助を担当しております。 研究者の皆様に信頼できる実験データーを提示できるように日々心がけて業務に努めております。
大澤 加奈 [実験補助員]

業務内容

研究者の皆様が安全かつ信頼して動物実験が行えるよう、 実験動物の飼育管理を行っております。
 

システム神経回路研究チームNeural Systems and Circuits Research Team

脳機能局在の分子メカニズムに関する基礎研究
チームリーダー 南本 敬史
チームリーダー 南本 敬史
サブリーダー 平林 敏行
主幹研究員 平林 敏行
Member
南本 敬史 [チームリーダー]

研究内容

精神神経疾患を「情」の障害からアプローチし、特にモチベーションをコントロールする神経機構について機能画像と電気生理を組み合わせ研究しています
平林 敏行 [主幹研究員]

研究内容

機能イメージングと遺伝学的手法、及び電気生理学を組み合わせて、霊長類モデルにおける認知記憶の神経回路機構について研究しています。
永井 裕司 [研究員]

研究内容

精神・神経疾患モデルサル脳のPET画像解析研究をしています
堀 由紀子 [研究員]

研究内容

精神神経疾患を「情」の障害からアプローチし、特にモチベーションをコントロールする神経機構について電気生理と精神薬理学的な手法を組み合わせて研究しています。
宮川 尚久 [主任研究員]
三村 喬生 [研究員]
藤本 淳 [博士研究員]

研究内容

電気生理学的手法と化学遺伝学的手法を用い、価値やリスクに依存した意思決定の神経基盤について調べています。
小山 佳 [研究員]
 
 
page top
Copyright © Department of Functional Brain Imaging Research.