施設・設備の共用

重粒子線がん治療装置(HIMAC)など放医研特有の施設・設備を、産業界や大学、研究機関など外部機関の利用に供します。

共用の施設・設備として選定し共用に供しているのは、現在、重粒子線がん治療装置(HIMAC)、PIXE分析装置(PASTA)および中性子発生用加速器システム(NASBEE)生物照射室(CV環境)です。これら以外の施設・設備については、利用希望がある場合、個別に対応することにしています。

利用形態は、次のとおりです。

利用形態
  1. 共同研究
  2. 共同利用研究(HIMAC)
    • 受託業務
    • 受託研究
    • 設備利用
  3. 受託試験
  4. 設備貸与

詳細は「先端研究基盤共用」のページおよび先端研究基盤共用促進事業Webサイト(別ウィンドウ)を参照ください。

1.共同研究

当該施設・設備を利用して研究所が研究所以外の者と契約を締結し、 共同で行う研究をいう。

2.共同利用研究

重粒子線がん治療装置(HIMAC)によるがん治療を行わない時間帯を使用して、HIMACを用いた重粒子線照射実験を中心とした研究で、毎年度一般の研究機関、大学などから研究課題を募集し、採択された課題について応募した機関と放医研との共同利用研究として行う研究をいう。

3.受託業務

お問い合わせ

ご意見やご質問は 研究企画室 研究推進ユニット までお問い合わせください。

  • 教材資料アニメーション
  • 原発事故関連
  • 受賞・表彰一覧
  • 患者さん・研究に参加された方へ

ページの先頭へ戻る