新しいがん治療時代の到来を告げる重粒子加速器 HIMAC

画像:重粒子加速器 HIMAC、写真:重粒子線棟

重粒子加速器 HIMAC詳細

主加速器(シンクロトロン)

写真:主加速器(シンクロトロン)

どんな体格の人でも、どんな位置の腫瘍でも照射治療できるようするには、どの重粒子でも体内飛程が約30cm必要です。このシンクロトロンでは、最大約800MeV/核子(光速の約84%)まで加速できます。

入射器 / 線形加速器

写真:入射器 / 線形加速器

主加速器のシンクロトロンで加速するためには、あらかじめ重イオンを少し加速しておく必要があります。RFQアルバレという二つの線形加速器で約6MeV/核子(光速の約11%)まで加速します。

重イオン源

写真:重イオン源

線型加速器で治療に使う粒子を加速できるように、PIG型またはECR型イオン源で原子をイオン化します。

治療室

写真:治療室

ビームを効率的に利用するために3つの治療照射室があり、垂直ビーム、水平ビーム両方を使って治療ができます。特に治療照射室Bでは、水平、垂直両方のビームで同時に照射できるのが特徴です。

構造・エネルギー

構造 エネルギー
イオン源 PIG型ECR型イオン源 8keV/核子
前段加速器 RFQライナック
空洞直径約0.6m、長さ約7.3m
800keV/核子
アルバレライナック
空洞直径約2.2m、長さ約24m
6MeV/核子
主加速器 シンクロトロン(2リング)
リング直径約42m、周長約130m
800MeV/核子

HIMACで加速できる重粒子の種類

ヘリウム(He)・炭素(C)・窒素(N)・酸素(O)・ネオン(Ne)・シリコン(Si)・アルゴン(Ar)など

  • 教材資料アニメーション
  • 原発事故関連
  • 受賞・表彰一覧
  • 患者さん・研究に参加された方へ

ページの先頭へ戻る