HIMACの構成

重粒子線がん治療装置は様々な装置で構成されています

PIG型イオン源

写真

イオン源開発試験装置の成果を基に、治療に必要なビーム強度と安定した長寿命のイオン源を設計製作しました。このイオン源で、炭素、窒素、酸素、ネオン等は治療に必要な強度を確保できます。

ECR型イオン源

写真

PIG型に比べ、さらに長寿命で比較的重い元素の多価イオン生成に適しています。

RFQライナック

写真

RFQライナックは、直径0.6m、長さ7.3mの線型加速器です。800keV核子(光速の約4%)まで加速します。

アルバレライナック

写真

アルバレライナックは、直径2.2m、長さ24mの線型加速器です。6MeV/核子(光速の約11%)まで加速します。

高周波加速空洞

写真

シンクロトロンでは、加速空洞の高周波電場で粒子を加速します。6MeV/核子のエネルギーで入射した重粒子は、この加速空洞で、少しずつ加速され数十万回転する間に最高エネルギーは800MeV/核子(光速の約84%)になります。

主加速器偏向電磁石

写真

重粒子をシンクロトロンの周回軌道を保つために偏向させるための電磁石で、加速エネルギーに応じて磁場強度を変化できる交流電磁石です。

ワブラー電磁石

写真

垂直に交わる2台の交流電磁石と散乱体を用いて加速器から取り出されたビームを広げ、腫瘍患部への一様な照射を可能にします。

多葉コリメータ

写真

ビームの照射野を、腫瘍患部の断面に合わせることができます。

  • 教材資料アニメーション
  • 原発事故関連
  • 受賞・表彰一覧
  • 患者さん・研究に参加された方へ

ページの先頭へ戻る