研究領域・活動

放射線の人体への影響を解明し、安全性を見極めるとともに、放射線を可能性に満ちた最先端の医学へ応用するための研究を進めています。

研究部門

医学、生物学、物理学、化学、薬学等の広範な分野の人材と先端的な研究施設・設備を有する総合的研究機関として、放射線と医学に関するミッションオリエンテッドな研究開発を行っています。

病院(放射線医学総合研究所病院)
がんの放射線診療に特化した、日本唯一の放射線診療単科病院です。緊急被ばく医療機関としての機能も備えています。

重粒子治療研究部
重粒子線による最先端の放射線治療の標準化と全国的な普及を目指した研究開発に取り組んでいます。

分子イメージング診断治療研究部
分子イメージングの基礎研究から疾患診断の臨床研究まで幅広い研究を行っています。

脳機能イメージング研究部
精神・神経疾患の病態の理解、早期診断、治療の評価法の開発を目指して臨床および基礎研究の両面からアプローチします。

加速器工学部
がんの診断・粒子線治療等に役立つ加速器やビーム制御装置等のハードウェアと、治療ビームの生成・制御等のソフトウェアの研究開発を行っています。

標識薬剤開発部
診断・治療用の放射薬剤に用いる、新たな放射性核種の製造や標識技術の研究開発に加え、新しい標的アイソトープ治療の実現のための研究を行っています。

計測・線量評価部
最新技術を利用した放射線計測技術に関する研究開発、正確・迅速に被ばく線量評価を行うための研究開発などを行っています。

放射線影響研究部
放射線が体にどれほどの影響をおよぼすのかについて、定量的に評価し、その仕組みを解明するための研究開発を行っています。

放射線障害治療研究部
主に1)被ばく後の除染、2)障害治療技術の高度化を進めるために、放射線による影響・障害の分子レベルでの理解を進め、新しい治療法の開発を目指します。

福島再生支援本部
放射線科学研究の面から福島県の再生を支援するため、事故時や、長期的な低線量被ばくの影響、日常生活での被ばく量の低減方法等を研究しています。

人材育成センター
学生や技術者、研究者および医療従事者等を対象に、放射線の基礎から応用まで様々な研修を実施しています。

被ばく医療センター

高度被ばく医療支援センターとして、これまでに得られた線量評価や体内汚染治療等の成果を元に、より高度な被ばく医療対応に向けて取組みます。

放射線防護情報統合センター

放射線医科学分野の研究を、国民の安全に速やかに還元することを目指し、研究情報やデータの収集、国際的専門組織への提供、社会への情報発信などを行っています。

信頼性保証・監査室

量研機構における臨床研究や治験、先進医療の信頼性保証を行います。また、医療の品質向上やそのための標準化技術を開発します。

平成27年度以前の研究部門

研究関連

共同利用研究「HIMAC」

重粒子線がん治療装置HIMACについての各種情報を掲載しています。

成果報告

研究成果についての資料等をご覧いただけます。

論文・各種データベース

当研究所の論文や研究関連等のデータベースをご覧いただけます。

放射線Q&A

放射線や重粒子線、核医学関連など、みなさまからよくいただくご質問を掲載しています。

規制支援審議会

規制関連研究等の中立性を確保するために設置した規制支援審議会関連の資料等をご覧いただけます

公正な研究活動

公正な研究活動を実施するにあたっての取り組みをご紹介しています。

産学官連携

公正な研究活動を実施するにあたっての取り組みをご紹介しています。

研究倫理審査委員会(別ウィンドウ)

研究倫理についての取り組みをご紹介いたします。

ページの先頭へ戻る