プレスリリース

平成29年度(2017年)  平成28年度(2016年)   平成27年度(2015年)  平成26年度(2014年)  平成25年度(2013年)  平成24年度(2012年)  平成23年度(2011年)   平成22年度(2010年)  平成21年度(2009年)  平成20年度(2008年)  平成19年度(2007年)  平成18年度(2006年)

平成19年度 (2007-04-01 ~ 2008-03-31)
平成20年3月27日 癌研有明病院に放医研の重粒子線治療外来窓口を設置 研究・医療協力に関する協定を締結
平成20年2月7日 診断と治療が同時に可能な世界初の開放型PET装置を開発 PETの可能性を広げ、分子イメージング研究を推進
平成20年1月30日 在ウイーン・IAEAアフリカ理事国の理事、大使が放医研を視察 放射線の医療分野における大きな貢献を確認
平成20年1月22日 放医研、独自の超高比放射能合成技術により脳内ドーパミンD2受容体に新たな超高親和性結合部位を発見
平成20年1月16日 放医研、ジョセフ・フーリエ大学 (仏) との研究協力覚書を締結 腫瘍分子イメージング研究での協力を強化
平成19年12月20日 放医研、三次被ばく医療体制整備の一環として緊急被ばく医療ダイヤルを24時間対応システムに拡充
平成19年12月13日 放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センターと理化学研究所 脳科学総合研究センターが脳科学研究の推進のための連携・協力協定を締結
平成19年12月11日 PETでタミフルの体内動態を画像化する標識薬剤の合成に成功
平成19年11月12日 琉球大学、放医研と「教育、研究及び医療の協力に関する協定書」を締結
平成19年11月6日 公開市民講座「第五福竜丸を振り返って」を開催
平成19年10月30日 アスベスト暴露による中皮腫発がん経路の一部を解明 フェリチンH鎖タンパク質が関与
平成19年10月19日 放医研の緊急被ばく医療訓練の実施について
平成19年10月2日 放医研、HP上で国内外の産業材料の「自然起源放射性物質データベース」を公開
平成19年9月12日 役職員に係る処分等について
平成19年7月24日 マイクロビーム細胞照射装置で世界トップ水準のビームサイズ (<5μm) の照射を実現
平成19年7月18日 「よくわかる放射線の測定」放医研、高校生のためのやさしい科学技術セミナーを開催
平成19年7月13日 放医研の重粒子線がん治療千葉県内の登録患者数が、延べ1,200名に到達
平成19年7月11日 (独) 放射線医学総合研究所 創立50周年記念講演会を開催
平成19年6月29日 職員の懲戒処分について
平成19年6月22日 管理区域内外における核燃料物質等の発見について
平成19年5月29日 大気中の宇宙線強度を迅速、精緻に計算できるプログラムを開発
平成19年5月16日 放射線医学総合研究所と横浜市立大学が研究、教育及び医療の教育のための包括的な連携協定を締結
平成19年4月12日 酢酸ウラニルの発見・保管について
平成19年4月2日 火災の発生について
  • 教材資料アニメーション
  • 原発事故関連
  • URL変更告知

ページの先頭へ戻る