量子生命科学研究会第2回学術集会で最優秀賞を受賞しました


2018年5月10日に東京大学弥生講堂一条ホールで開催された、量子生命科学研究会第2回学術集会において、以下の放射線医学総合研究所職員2名が最優秀賞を受賞しました。

・山田真希子チームリーダー(放射線医学総合研究所 脳機能イメージング研究部/量研未来ラボ・量子細胞システム研究グループ、量子MRI研究グループ)
・八幡憲明研究員(放射線医学総合研究所 分子イメージング診断治療研究部/量研未来ラボ・量子MRI研究グループ)

発表タイトル:A quantum cognitive approach toward quantification of personal belief under uncertainty


記念撮影

山田真希子チームリーダー(左)、八幡憲明研究員(中央)、平野俊夫理事長(右)

  • 教材資料アニメーション
  • 原発事故関連
  • 受賞・表彰一覧
  • 患者さん・研究に参加された方へ

ページの先頭へ戻る