日本放射線影響学会第60回大会にてJournal of Radiation Research誌寺島論文賞を受賞


放射線医学総合研究所 放射線影響研究部 飯塚大輔主任研究員が日本放射線影響学会第60回大会にてJournal of Radiation Research誌寺島論文賞を受賞しました。

受賞対象論文は「Hepcidin-2 in mouse urine as a candidate radiation-responsive molecule.」です。

記念写真

賞状を手にした飯塚大輔主任研究員(左)

  • 教材資料アニメーション
  • 原発事故関連
  • 受賞・表彰一覧
  • 患者さん・研究に参加された方へ

ページの先頭へ戻る