平成28年度 日本原子力学会関東・甲越支部の原子力知識・技術の普及貢献賞を受賞しました


「重粒子線がん治療用超伝導回転ガントリー開発」のグループが、日本原子力学会関東・甲越支部の原子力知識・技術の普及貢献賞を受賞しました。

これまで、重粒子線治療ではX線や陽子線など他の放射線治療と異なり、「ビーム輸送に大型電磁石が必要になる」といった技術的な制約から、患者に360度の任意の角度から照射できる回転ガントリーが普及せず、垂直と水平の2方向からの照射が一般的でした。

本グループはこの課題に対し、世界で初めて「超伝導電磁石を採用した小型回転ガントリー」を開発しました。これにより、従来よりも更に患者さんへの負担が軽減され、治療の精度・効率も向上することが期待されます。また、重粒子線治療装置開発における日本の国際競争力向上と海外展開の促進にも貢献すると考えられます。

*グループメンバー:
白井敏之、岩田佳之、古川卓司、原洋介、水島康太、早乙女直也、丹正亮平、皿谷宥一、森慎一郎、藤田敬、武井由香(量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所)
折笠朝文(株式会社東芝)

受賞後の挨拶の様子の写真

グループ代表者の白井 研究部長(左)と岩田 室長

受賞式の写真

授賞式の様子

  • 教材資料アニメーション
  • 原発事故関連
  • URL変更告知

ページの先頭へ戻る