持田記念医学薬学振興財団 平成28年度研究助成金の対象者に選出されました


放射線医学総合研究所・吉井幸恵主任研究員(分子イメージング診断治療研究部・核医学基礎研究チーム)が、公益財団法人持田記念医学薬学振興財団が公募していた平成28年度研究助成金の対象に選出され、研究助成金贈呈書を授与されました。

この助成金は、生命科学を中心とする医学、薬学及びこれに関連する物理学、化学、工学、生物学等の先見的独創的研究を育成し、かつ、これらの成果を総合して医療をはじめとするヘルスケアに応用し、もって我が国の医療及び国民の保健の向上に資することを目的に公募を行ない、贈呈されるものです。11月10日には助成金の対象となった研究者の方々に対し、贈呈書の授与式も開かれました。

吉井主任研究員は、「創薬とその臨床応用に関する研究」領域において、「がん血管新生と低酸素を攻撃する複数標的型がん治療法の開発」というテーマで選出されました。 本研究では、現在治療が難しい難治性がんに対する新治療戦略として、がんの血管新生と低酸素の両方を攻撃できる複数標的型がん治療法の開発を行っていくことを計画しています。


吉井主任研究員

  • 教材資料アニメーション
  • 原発事故関連
  • URL変更告知

ページの先頭へ戻る