第1回がん死ゼロ健康長寿社会 膵がん診断・治療シンポジウム

膵がんは難治がんの代表であり、早期診断及び治癒率の向上が非常に困難で生存率が極端に低いことが知られています。量子科学技術研究開発機構が掲げる「がん死ゼロ健康長寿社会」の目標において、膵がんの克服を一つの試金石と考え、この分野の国内外の著名な研究者を招聘して、量子メス、標的アイソトープ治療などを使用した次世代の膵がんの診断・治療技術を議論することで、この分野における研究開発を加速し、がん撲滅に光明をもたらすことを目指します。

概要

日時 平成30年3月24日(土) 9:50~17:00(受付開始 9:20)
会場 アキバホール (富士ソフトアキバプラザ 5階)
主催 量子科学技術研究開発機構
後援(予定) 日本核医学会、日本放射線腫瘍学会、PanCAN、日本医療研究開発機構
参加費 無料
使用言語 日本語/英語 ※同時通訳あり
定員 200名
申込 定員になりましたので、受付を終了いたしました。当日のご参加は受付できません。ご了承ください。
お問い合わせ 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所 シンポジウム事務局
TEL: 043-206-3367 E-mail:cancer_zero_sympo@qst.go.jp
ダウンロード ポスター[PDF 521KB]

プログラム

オープニング
9:50 開会挨拶 平野 俊夫 (量子科学技術研究開発機構)
10:00 膵がんの内科療法 山口 武人 (千葉県がんセンター)
10:30 膵がんの外科療法 大塚 隆生 (九州大学病院)
11:00 膵がんの重粒子治療 山田 滋 (量研放射線医学総合研究所病院)
11:30 膵がんの放射線治療とCIPHER計画 David Sher(UT Southwestern Medical Center)
12:00 休憩(昼食準備)
12:15 特別講演(ランチョンセミナー)
   がんの近赤外光線免疫療法
小林 久隆 (米国立がん研究所)
13:00 休憩
13:15 膵がんの放射線生物 Michael Story (UT Southwester Medical Center)
13:45 量子メスの照射技術  稲庭 拓(量研放射線医学総合研究所)
14:15 AIを活用した放射線治療 Steve Jiang (UT Southwester Medical Center)
14:45 休憩
15:00 ナノ薬剤送達システムによる治療 狩野 光伸 (岡山大学大学院医歯薬総合研究科)
15:30 拡散強調画像を中心とした最近のMRI診断技術について 高原 太郎 (東海大学工学部)
16:00 膵神経内分泌腫瘍の診断と治療 高野 祥子 (横浜市立大学病院)
16:30 PanCAN Japanの活動 眞島 喜幸 (PanCAN Japan)
17:00 閉会挨拶 鎌田 正 (量研放射線医学総合研究所)

アドビシステムズ社のAdobe Reader®ダウンロードページへ

PDF資料をご覧いただくにはAdobe Reader®が必要です。お持ちでない場合は、左側のAdobe Reader®ダウンロードボタンをクリックし、アドビシステムズのWebサイトよりインストールしてください。

  • 量研
  • 教材資料アニメーション
  • 原発事故関連
  • 受賞・表彰一覧
  • 患者さん・研究に参加された方へ

ページの先頭へ戻る