MRIアライアンス 第2回 国際シンポジウム

概要

日時 平成30年1月19日(金) 13:00~19:00(受付開始 12:45)
会場 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所 推進棟2階大会議室
主催 量子科学技術研究開発機構(QST)
後援 科学技術振興機構(JST)・日本医療研究開発機構(AMED)(50音順)
参加費 無料
使用言語 日本語または英語(通訳はありません)
申込 参加登録サイト(外部サイトに移動します)にてご登録いただくか、下記のアドレスにメールにてご連絡ください。(先着80名)
E-mail:mri@qst.go.jp
メールには(1)お名前(2)ご所属(3)懇親会(放医研食堂にて、会費2,000円程度予定)の参加の有無をご記載ください。
事務局 MRIアライアンス事務局
E-mail:mri@qst.go.jp
ダウンロード リーフレット[PDF 2.0MB]

プログラム

オープニング
13:00 開会挨拶 田島保英 QST 理事

シンポジウム1「量子ドットと酸化鉄微粒子」
13:10 Moungi G. Bawendi(MIT)
13:50 宮島大悟(理研)
14:20 Biliana Nikolova (Bulgarian Academy of Science)
14:40 パネルディスカッション 座長:浦野泰照(東京大)、曽我公平(理科大)
パネリスト:横山昌幸(慈恵会医科大)、岸村顕広(九州大)、Rumiana Bakalova (QST放医研)
15:10 休憩

シンポジウム2「生体センサーと機能」
15:25 Alan P. Jasanoff(MIT)
16:15 西山伸宏(東工大)
16:45 パネルディスカッション 座長:Horacio Cabral(東京大)、青木伊知男(QST放医研)
パネリスト:壹岐伸彦(東北大)、八幡憲明(QST放医研)
16:55 QST未来ラボ・理事長ファンド創成の紹介

田口光正(QST高崎研)・下川卓志・松本謙一郎(QST放医研)他
17:25 休憩

シンポジウム3「診断薬開発、日本に何が必要か?」
17:40 阿部 修(東京大学医学部・放射線科)
18:00 山田 惠(京都府立大学医学部・放射線科)
18:20 パネルディスカッション 座長:東 達也・青木伊知男(QST放医研)
パネリスト:小畠隆行(QST放医研)、山田尚之(AMED)、堀 邦夫(JST)他

クロージング
18:40 閉会挨拶 野田耕司 QST放医研 所長

アドビシステムズ社のAdobe Reader®ダウンロードページへ

PDF資料をご覧いただくにはAdobe Reader®が必要です。お持ちでない場合は、左側のAdobe Reader®ダウンロードボタンをクリックし、アドビシステムズのWebサイトよりインストールしてください。

  • 量研
  • 教材資料アニメーション
  • 原発事故関連
  • 受賞・表彰一覧
  • 患者さん・研究に参加された方へ

ページの先頭へ戻る