International Open Laboratory Symposium 2017

放射線医学総合研究所では2008年より国際オープンラボラトリー (International Open Laboratory, IOL)活動を実施し、海外の研究者との研究交流を促進して参りました。 今年度、新たに量子科学技術研究開発機構として再編されましたが、昨年度スタートした第3期IOLは引き続き実施されております。 今回、採択された4研究コアが一同に介して活動報告を致します。 皆様、多数のご参加をお待ちしております。

概要

日時 平成29年2月28日(火) 13:00~18:00
会場 放射線医学総合研究所 重粒子治療推進棟2F大会議室
使用言語 英語
参加費 無料
事前登録は不要です。当日、会場にお越し下さい。
問い合わせ先 E-mail:iol-secretariat@qst.go.jp
ダウンロード ポスター[PDF 701KB]
プログラム[PDF 452KB]

講演内容

Openning remarks Toshio Hirano (QST)
Brief summary of IOL Takeshi Murakami (NIRS)
Report of Research Cores
Impact of heavy-ion irradiation on stem cells and tissue regeneration Takashi Shimokawa (NIRS)
Maria Kasper (Karolinska Institute, Sweden)
Chair: Toshiyuki Kohno (Tokyo Inst Tech)
Studies on radiation-induced defensive cellular communication using SPICE-NIRS microbeam Teruaki Konishi (NIRS)
Jun Wang (CAS Key Laboratory of Ion Beam Bio-engineering, China)
Radiation damage mechanism at the molecular level approached with physiochemical technologies Satoshi Kodaira (NIRS)
Remi Barillon (University of Strasbourg, France)
Whole gamma imaging Taiga Yamaya (NIRS)
Katia Parodi (Ludwing-Maximilians-Universität München, Germany)
Chair: Takeji Sakae (Univ Tsukuba)
Other international collaborations
Radiation Protection Week 2016 Tatsuhiko Imaoka (NIRS) Chair: Shigekazu Fukuda (NIRS)
Project of "Charged Particle and Photon Interactions with Matter" (1995-2011) as motivated by IAEA Project of "Atomic & Molecular Data for Radiotherapy and Radiation Research" (1985-1995) Yoshihiko Hatano (Tokyo Inst Tech)
Expectations and comments
How can we have exciting science in radiation research? Ohtsura Niwa (Radiat Ef Res Founda) Chair: Naruhiro Matsufuji (NIRS)
Hirohiko Tsuji (NIRS)
Audience volunteer 1
Audience volunteer 2
Concluding remarks Hiromi Shibata (Osaka Univ)

アドビシステムズ社のAdobe Reader®ダウンロードページへ

PDF資料をご覧いただくにはAdobe Reader®が必要です。お持ちでない場合は、左側のAdobe Reader®ダウンロードボタンをクリックし、アドビシステムズのWebサイトよりインストールしてください。

  • 教材資料アニメーション
  • 原発事故関連
  • 受賞・表彰一覧
  • 患者さん・研究に参加された方へ

ページの先頭へ戻る