患者さん向け

対象疾患

肝細胞癌

適応・非適応条件

この臨床試験はどんな病気や病状に適応しますか?

『切除が出来ず局所への治療が不適な、治療歴のない肝細胞癌』が対象で主に以下の条件を満たす必要があります。

遠隔転移がなく、切除が出来ず、穿刺局所療法(ラジオ波焼灼療法)が出来ない肝細胞癌と診断されている。

現在まで肝細胞癌に対する治療歴がない。

組織学的に肝細胞癌と診断されている。

登録前28日以内に行った肝造影CTまたは肝造影MRIで大きさが測定できる単発の癌である。

大きな血管や胆管(門脈及び胆管一次分枝もしくは下大静脈)への浸潤がない。

腫瘍が消化管と接していない。

肝臓の機能が悪く、手術は出来ない、もしくは手術を行うと悪化すると判断されている。

歩行可能で身の回りのことはすべて可能。日中の50%以上はベッド外で過ごすことができる。

肝機能が保たれている(Child-Pugh分類がAである)。

登録前28日以内に制御が難しい胸水または腹水がない。

登録前14日以内の最新の検査値が以下のすべてを満たす。

  1. 白血球数:1,500/mm3以上、かつ10,000/mm3以下
  2. 血小板数:30,000/mm3以上
  3. ヘモグロビン:7.0g/dL以上
  4. 血清総ビリルビン値:3.0mg/dL以下
  5. GOT(AST):施設基準値上限5倍未満
  6. GPT(ALT):施設基準値上限5倍未満

年齢が20歳以上である。

どんな病気や症状は参加できませんか?

他の臓器に癌があり、これを治療中である。

破裂の恐れのある食道静脈瘤もしくは胃静脈瘤がある。

全身の治療をしなければいけない感染症を有する。

38度以上の発熱がある。

※詳細な条件は実施施設担当医師までお問合せください。